コンセプト

concept

Tour de Casa
ツール ド カーサ

「CASA = 家(イタリア語)」

ゲストを「家」に招くように。そして家をぐるりと一周ながら、散りばめられた素敵な空間や、
料理・ドリンク・スイーツ、コーディネーションなどを存分にゲストの方々に楽しんでいただき、
最高のおもてなしを提供するパーティスタイル。

シーンごとにゲストとの過ごし方が変わる
~大人ウェディングの楽しみ方~

大好きな人と一緒に生きていくふたりに
~ありふれないしあわせを~

もっと自由に、もっと思うままに
~想いをカタチにするウェディング~

感謝の気持ちをこめて
~今日は世界一幸せになる日~

party flow

this is the best

世界でいちばん幸せなウェディングを目指して

本物の感動を、お二人らしく華やかに。
ゲストみんなと喜びを分かちあえる、クリエイティブなウェディングを。

history

北野クラブ ウエディングの誕生まで

「北野クラブ」に隣接する姉妹店

神戸で創業60年の本格フレンチレストラン「北野クラブ」のウエディングラインとして、2020年春にオープンしました。

「北野クラブ ウエディング」を運営する株式会社クレ・ドゥ・レーブのはじまり。
それは、1998年のことです。かの震災で結婚式を諦めることになったため「妻に結婚式をプレゼントしたい」という新郎様の想いを叶えるために努力した日々がすべてのはじまりでした。
レストランに食事に行くと見せかけて、実は結婚式をするというサプライズパーティ。その会場に選ばれたのが北野の地で半世紀以上愛され続けてきた名店「北野クラブ」でした。


北野クラブにとっては初めてのウェディングパーティ。実のお姉様がウエディングドレスや装花を選び、ご友人たちがドリンクや料理を決め、会場内のデコレーションはスタッフ総出で手づくり。今振り返っても仕事の枠を飛び越えた仕事だったように思います。

そして迎えた、運命の日。「食事に行こう」と誘われた新婦様は、食事の前の乾杯のあと、パーティのことを新郎様とカーテンの後ろに隠れていたお姉様に知らされます。ウェディングドレスに着替えた新婦様が会場で目にしたのは、ご友人、新郎の友人、両親、子どもたちなど100人以上の大切な方たち。

新婦様は感動のあまりその場で泣き崩れてしまわれました。そんな新婦様を新郎様が支え、家族みんなでケーキ入刀。会場に集まった友人たちはもちろん、私たちスタッフも幸せに包まれた瞬間でした。

笑顔と祝福にあふれたパーティがおひらきを迎え、会場を後にする方々が私たちに言ってくれた「ありがとう」の言葉。

最後に見送ったお二人からも涙ながらに感謝のお気持ちを伝えられ、「たった2時間でも魔法のような時間になるんだ」感動し思わず涙ぐんだことは、今でも忘れられません。この経験が、現在のクレ・ドゥ・レーブの原点になっています。